FC2ブログ

【BL CD】G線上の猫

ここでは、【BL CD】G線上の猫 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
G線上の猫
G線上の猫
インディペンデントレーベル 2005-10-30
売り上げランキング : 32,729

おすすめ平均 star
star黒猫、白猫、どっちが信じる?
star最高です!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

■キャスト■
神谷浩史(成川理也)
森川智之(池田篤志)
檜山修之(香坂遥人)
白鳥 哲(佐野)

■ストーリー■
理也(CV:神谷浩史)は高校の音楽科でバイオリンを専攻。父は有名な音楽家で、周りからも多くを期待される。
だがしかし、自分の中に存在するもう一人の自分のせいで生活が「普通」ではなくなる。
もう一人の自分は、2つの人格を知っても直優しくする大学生の篤司(CV:森川智之)に惹かれ、
そして自分は、同じ高校の3年で自分を翻弄してくる・香坂先輩(CV:檜山修之)に惹かれていく―――





前回感想を書いた【可愛いひと】で神谷さんにベタ惚れだったので、持っていながらずっと聴かずにいたこの作品も聴いてみる事にしてみました。
【その指だけが知っている】以来久々の私的大ヒットです!!

以下ネタバレ有り感想。
本当にBLっぽくなくて面白かった!
多重人格の主人公、そしてその人格のそれぞれが別の人に惹かれてしまうが為に生まれる戸惑い・・・
絡みという絡みは最後の方で香坂先輩とちょーーーーーーっとあるだけなので、そういうのがお好みの方には向かないかもしれませんが、もしそうで無ければ一度聴いてみるべきだと思います!

ブックレットの絵も美麗なので、本も欲しいなぁと思っているところです。4コマ漫画も可愛かったので(笑

どのキャラも魅力的でした。
理也がまずイイ。やっぱり多重人格だからかミステリアスだったり、
でも何だか守ってあげたくなるような面を見せてきたり。
黒猫(と白猫にブックレットでは分けられていました、理也の人格。)理也が最初に篤司のアパートの前で倒れていたのは運命だったのかな。
普通初対面で多重人格を知ってあぁやって受け入れてくれるのって貴重だと思う。
精神的に不安定な理也を想って「いつでも来ていいよ」と自分のアパートのマスターキーを渡してくれて。
受け取ったのは白猫理也の方で状況も分かっていなかったけれど、
やはり理也は理也なのか常にポケットの中の鍵をいじくってたり。
そのお陰で黒猫理也にならずに済んでいたり。
篤司がいる、って事がやっぱり聴いている側にとっても理也にとってもなんだか安心する感じ。

反対に、香坂先輩は危ない魅力が。
香坂先輩はいつも理也に対し「バイオリンなんかやめちまえよ」とか言ってきたり、やたら嫌ーな感じなんですが・・・。でもバイオリンの腕はとにかくすごく、理也も入学前に香坂のバイオリンの音色に惚れていて。だからこそ香坂に近づきたくない、と想いつつも近づいてしまっている。
キスされたり、襲われかけたり…香坂の行動は読めないし、だからこそ気になる?!

どのキャラもキャスティングぴったりでした。
理也のようなミステリアス多重人格&受けは神谷さんヴォイスにぴったり。
篤司のような何でも包み込んでくれるような優しい役は森川さんヴォイスで余計に良さが際立つし
香坂先輩のような「危ない魅力」のあるキャラは檜山さんヴォイスで更にカッコよく、そして人を惹きつけてきますね。

なんと、このCD、決着しないんですよ!
これで終わりかよ~と想ったら、どうやら来月末に2が発売するらしいです。良かった。
でも気になるな、本当に。香坂とくっつくのか、それとも篤司なのか。
しかも人格が1つじゃないから、難しいんですよね。
理也~~~~涙 頑張れぇぇぇ

G線上の猫 II
G線上の猫 II
インディペンデントレーベル 2006-06-30
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。